登記識別情報とは│ 滋賀県大津市で相続・遺言書作成・成年後見でお悩みの方は司法書士・行政書士和田正俊事務所にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

相続・遺言書作成・成年後見は滋賀県大津市の司法書士・行政書士|和田正俊事務所

HPを見たとお伝えください相続・遺言書作成・成年後見などのお困りごとのお問い合わせ077-574-7772

お問い合わせ

営業時間|9:00~17:00  定休日|土・日・祝

お役立ちブログ

登記識別情報とは

2024/02/08

登記識別情報とは何でしょうか?
不動産登記の申請者にとって、登記識別情報は重要な役割を果たします。
登記識別情報は、登記の目的、申請の受付年月日、受付番号などを記載した情報で、登記官から申請者に通知されます。
登記識別情報は、登記の申請者がその情報を失効させることができます。
失効させるとは、登記識別情報を無効にすることです。
失効させる理由としては、例えば、登記の申請を取り下げた場合や、登記識別情報が第三者に漏れた場合などがあります。

では、登記識別情報の有効性を確認する方法はどのようになっているのでしょうか?
登記識別情報の有効性を確認する方法として、以下の3つの制度があります。

- 登記識別情報の通知・未失効照会:オンラインで登記識別情報が通知されているか、失効していないかを照会できるサービスです。手数料は不要で、登記官による証明は行われません。
- 登記識別情報の有効証明:登記識別情報が有効であることの証明です。電子署名が必要で、1件300円の手数料がかかります。
- 不通知・失効証明:登記識別情報が通知されていないことの証明、または通知された登記識別情報が失効していることの証明です。電子署名が必要で、1件300円の手数料がかかります。

このうち、最も手軽に利用できるのが登記識別情報の通知・未失効照会サービスです。
このサービスでは、インターネット上で簡単に登記識別情報の有効性を確認できます。
例えば、不動産売買契約を結んだ際に、売主から買主に対して登記識別情報を提示した場合、買主はその情報が本物であるかどうかをオンラインで確認できます。
また、売主は自分が提示した登記識別情報が第三者に漏れていないかどうかをオンラインで確認できます。
このように、登記識別情報の通知・未失効照会サービスは、不動産取引における信頼性や安全性を高めることができます。

法務省では、平成29年10月から全国的に登記識別情報の通知・未失効照会サービスを開始しました。
このサービスは無料で利用できますので、ぜひご活用ください。詳しくは[法務省のホームページ]をご覧ください。


■■□―――――――――――――――――――□■■ 
司法書士・行政書士和田正俊事務所 
【住所】 〒520-2134 滋賀県大津市瀬田5丁目33番4号 
【電話番号】 077-574-7772 
【営業時間】 9:00~17:00 
【定休日】 日・土・祝 
■■□―――――――――――――――――――□■■

おすすめの記事

日本における農地の貸借手続きの一本化とその重要性

続きはこちら

国土交通省住宅局からの周知依頼(「住宅用家屋の所有権の保存登記等に係る特例措置」と「認定住宅の所有権の保存登記等に係る軽減措置」)

続きはこちら

登記識別情報とは

続きはこちら

成年後見制度とは

続きはこちら

明日から「相続登記はお済みですか月間」が始まります!

続きはこちら

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

営業時間|9:00~17:00 定休日|土・日・祝

遺産承継・相続預貯金の手続きもWEBお問い合わせへ