実質的支配者情報リスト制度が創設されます。│ 滋賀県大津市で相続・遺言書作成・成年後見でお悩みの方は司法書士・行政書士和田正俊事務所にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

相続・遺言書作成・成年後見は滋賀県大津市の司法書士・行政書士|和田正俊事務所

HPを見たとお伝えください相続・遺言書作成・成年後見などのお困りごとのお問い合わせ077-574-7772

お問い合わせ

営業時間|9:00~17:00  定休日|土・日・祝

お知らせ

実質的支配者情報リスト制度が創設されます。

2021/10/05

A.
商業登記所における実質的支配者情報一覧の保管等に関する規則が施行され、令和4年1月31日から法務局で「実質的支配者情報リスト制度」が創設、運用されることになります。

商業登記所における実質的支配者情報一覧の保管等に関する規則〔令和3年9月17日付法務省告示第187号〕

これは公的機関において、法人の実質的支配者に関する情報を把握、提供することで、法人の透明性を向上し、マネーロンダリングを防止することを目的としています。
近年、FATF(金融活動作業部会。Financial Action Task Force)の勧告や金融機関からの要望等で、国内外から犯罪による収益の移転を防止することに対する要請が高まっており、法務局が、株式会社からの申出により、その実質的支配者に関する情報を記載した書面を保管し、その写しを交付する制度を創設するという内容です。
この実質的支配者リストは、定款作成時に公証人に嘱託し行っている「実質的支配者となるべき者の本人特定事項等及び暴力団員等該当性等を記載した申告書」と同様に、当該株式会社の実質的支配者が暴力団等ではない旨の認証を行う制度を既存の株式会社等にも提供しようという試みです。
この制度が運用されることで、当該株式会社の透明性の担保と犯罪へ加担していないことの一定程度の保証が提供されます。
これがあれば大丈夫ということではありませんが、安心して取引ができる会社であるというお墨付きが得られることとなります。
今後はこの証明書が取引開始時に必須の証明書になるかもしれませんね。

おすすめの記事

お役立ちブログ更新してます。

続きはこちら

お役立ちブログに「コンビニエンスストアのマルチコピー機で取得した住民票など(いわゆるコンビニ証明書)について」「法テラスに提出する書類が一部変更になります。」を追加しました。

続きはこちら

事務所改修工事が終わりました。

続きはこちら

「令和3年民法・不動産登記法改正, 相続士地国庫帰属法のポイント」、「新しい相続登記制度Q&A『知っていますか?相続登記制度が新しくなりました』」が公開されました。

続きはこちら

実質的支配者情報リスト制度が創設されます。

続きはこちら

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

営業時間|9:00~17:00 定休日|土・日・祝

遺産承継・相続預貯金の手続きもWEBお問い合わせへ