事務所紹介 │ 滋賀県大津市で相続・遺言書作成・成年後見でお悩みの方は司法書士・行政書士和田正俊事務所にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

相続・遺言書作成・成年後見は滋賀県大津市の司法書士・行政書士|和田正俊事務所

HPを見たとお伝えください相続・遺言書作成・成年後見などのお困りごとのお問い合わせ077-574-7772

お問い合わせ

営業時間|9:00~17:00  定休日|土・日・祝

コラム

【滋賀】相続登記の義務化!預貯金・不動産など名義変更はお早めに

滋賀で相続登記を依頼!義務化された相続登記の内容について

法改正に伴い、3年以内に相続登記をしないと10万円以下の罰則が課される場合があるため、預貯金や不動産などの名義変更手続きは早めに行いましょう。滋賀で相続登記をする場合は、和田正俊事務所へご相談ください。

相続登記の義務化!名義変更しなければどうなる?

クエスチョンマーク・ブロック

法改正によって、相続に伴う所有権移転登記が義務となります。義務化について把握しておかないとあとで困ったことになる可能性もあるため、基礎知識を身につけておくことが大切です。

相続登記とはどんなもの?

相続登記とは、引き継いだ不動産の所有権の移転登記を行うことを指します。不動産を持つ人に変更があった場合、所有権が移転したことを示す登記手続きを法務局で行います。所有権の移転には様々な理由があり、相続はそのうちの一つです。

義務となる理由

義務化は、日本全国で増え続ける所有者のわからない土地の問題を解消するために施行されます。これまでは、相続による登記をするか否かは当人に任されていたので、受け継いだ土地の所有権移転登記が行われず、誰が所有しているのかわからない土地が増え続けるようになりました。

所有する人がわからない土地が増えると、公共の土地として購入することが困難になったり、災害対策の工事ができなかったり、様々な弊害が生まれます。今後も所有者のわからない土地が増え続けるのを防ぎ、土地を有効活用することを目的として、登記を義務とする法改正が行われることになりました。

義務化の内容と罰則

義務化に伴い、相続があった場合は3年以内に所有権が移転したことを示す登記を行う必要があります。理にかなった理由がない限り、3年を過ぎても登記を行わない場合は10万円以下の罰則が課されることもあるため、注意が必要です。

なお、義務化の法改正は2024年4月1日より施行されますが、施行以前に相続した土地にも当てはまります。昔相続した土地だからと放置していると罰則のリスクが高まるので、早めに手続きを検討しておく必要があります。

義務化に伴って変わること

法改正は、相続登記の義務化以外の項目にも影響を与えます。どのようなことが変わるのか確認し、基本的な知識を身につけておくと安心です。

・氏名や住所が変わったら手続きが必要

登記を行ったとしても、その後に所有者の氏名や住所が変わった場合は、所有者の居場所がわからなくなる可能性があります。そのため、所有者の氏名や住所に変更があった場合は、変わったことを示す手続きを2年以内に行わなければなりません。この規則が守られなかった場合、5万円以下の罰則が課されることがあります。

・相続時に土地の所有権のみを放棄できるようになる

現時点で、土地のみを相続放棄することは不可とされています。しかし、土地の中には利用価値がない場合や、売ることが困難な場合も少なくありません。登記後は、有効活用することのできない土地の固定資産税を払わなければならなくなり、不利益を被ることが懸念されています。

こうした問題を解消するため、相続登記義務化の際には土地の所有権のみを相続放棄し、他の財産は引き継ぐことができるようになります。不要な土地以外に引き継ぎたい財産がある場合に役立つと考えられています。

不動産だけでなく、預貯金のある口座の名義変更もできるだけ早めにする必要があります。こちらは特に罰則はありませんが、預金口座の名義人が死亡したことがわかると口座が凍結されてしまうので、預金の引き出しだけでなく、口座への入金などもできなくなってしまいます。一度口座が凍結されてしまうと、相続人全員の同意のもとで名義変更を行わない限りは預貯金にも触ることができなくなります。

預貯金や不動産などの名義変更手続きは早めに行いましょう。滋賀で相続登記をする場合は、和田正俊事務所へご相談ください。

不動産の名義変更を行う場合は和田正俊事務所へ

説明する男性

相続によって不動産の所有権が移転した場合、相続登記の義務化は所有者のわからない土地が増えるのを防ぎ、土地を有効活用しやすい状態をつくることを目的としています。3年の期限が切れてしまったときは罰則が課される場合もあるため、早めに手続きを終えておくことが大切です。

また、相続登記を行ったとしても、その後に所有者の氏名や住所が変わったときは2年以内に変更の手続きを行わなければなりません。不動産の登記は誰でも行うことができますが、専門的な知識がないと難しく、間違った手続きをしてしまうリスクがあります。専門家に任せておけばスムーズに手続きが終わり、期限切れの心配もなくなります。

安心して手続きを任せられる司法書士事務所を探している場合は、和田正俊事務所へお問い合せください。相続関係をメインに、不動産登記などの手続きに必要な知識を備えた司法書士が丁寧に対応いたします。また、初回相談・出張相談は無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。

滋賀で預貯金・不動産などの名義変更なら和田正俊事務所へ

事務所名 司法書士・行政書士 和田正俊事務所
住所 〒520-2134 滋賀県大津市瀬田5丁目33−4
TEL 077-574-7772
FAX 077-574-7773
URL https://wada7772.com/
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日・祝(事前予約により対応させていただきます。)
取扱業務
  • ・不動産登記(相続・生前贈与・売買・抵当権抹消等)
  • ・遺言書作成(自筆証書・秘密証書・公正証書)
  • ・商業・法人登記(会社設立・役員変更・機関変更・組織再編・その他)
  • ・簡易裁判所における民事事件 ※
  • ・債務整理 ※(裁判外での和解交渉・民事再生・特定調停・破産申立て)
  • ・債権回収 ※(電話での支払交渉・内容証明郵便・支払督促・民事訴訟)
  • ・裁判所提出書類作成(民事事件・家事事件・非訟事件 等)
  • ・成年後見(法定後見・任意後見)
  • ・相談(面接相談・出張相談・電話相談・メール相談・FAX相談)
  • ・継続的相談契約(アドバイザー契約)
※簡易裁判所の事物管轄に限ります。簡易裁判所の事物管轄に収まらない場合は訴訟支援としてお手伝いさせていただきます。上記以外の業務も承っております。お気軽にお声かけ下さいませ。

ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ

営業時間|9:00~17:00 定休日|土・日・祝

遺産承継・相続預貯金の手続きもWEBお問い合わせへ